水道修理する際の業者の選び方

水道修理する際の業者の選び方 水漏れが起きて蛇口から水がしたたり落ちている、トイレが詰まった、給湯器からお湯が出ない、このようなトラブルが起きることはそう多くはないかもしれません。しかし一度起きてしまうと本当に困るものです。水のトラブルの際に修理をしてくれる水道業者は日本全国にあります。実際にインターネットで検索してみると、多くのホームページがヒットします。しかしあまりに選択肢がありすぎると、逆にどれか一つに選ぶのが困難になることもあるのではないでしょうか。そこでいざ水道 修理が必要になった時のために、どの業者にお願いすればいいのか選び方のポイントについて紹介します。

■まずは実績を確認すること

水道 修理のような作業は、たくさんの施工実績を持っている業者の方が、安心してお願いできるでしょう。ノウハウをたくさん持っているため、幅広いトラブルに柔軟に対応してもらえるからです。このような実績は、ホームページに掲載してあることが多いです。それらを参考にして、これから依頼したい施工を行っていているかどうか確認しましょう。
また、お客さんの声を見て、満足度が高いかどうかもチェックポイントになります。できれば年間の実績数が掲載されているところが好ましいです。そして、創業年が記載されているのであれば、古いところに依頼するのがおすすめです。地元に本社があって業歴が長いということは、それだけ地元からの絶対的な信頼があることがうかがえるためです。

■対応エリアを確認しよう
水道修理は現場に出張して作業します。そこでそれぞれの業者で、対応エリアを決めています。このため、まず自分の家がこの対応エリアの範囲内に含まれているかどうかはチェックしておく必要があります。さらにできれば、自宅に近いところに本社や営業所のある業者から選んだほうがいいでしょう。自宅から近いところに拠点があれば、それだけ問い合わせをしてから現場に駆けつけてくれるまで短時間になり、迅速に作業開始してもらえるというメリットがあります。
また水道の修理代金にはいろいろな項目が含まれ、出張費もその中の一つです。移動距離が短くなれば、それだけ出張費を安く節約できます。少しでも費用を安くおさえたいと思っているのなら、近場で業者探しをするのも一つのポイントです。

■在庫が豊富に用意されているかどうか

水道修理の種類によっては、部品などを新しいものと交換する必要があります。しかし業者の中には、この部品が在庫にないというケースも出てくるかもしれません。
通常は電話やウェブなどで申し込みをすると比較的速やかに現場スタッフがやってきて状態を確認し、見積もりを出します。そしてお客さんが納得すれば、必要な作業を行います。通常であれば、申し込んでから作業が完了するまでに1日で終わります。しかし部品が用意されていなければ、それを取り寄せないといけません。そうなってくると、当日すぐに修理ができないかもしれません。トイレなどの故障の場合、すぐに直してもらわないと困るでしょう。
そこで在庫がそろっている業者かどうか確認することです。特に急ぎでやってほしい、トイレの故障など緊急事態の場合などは在庫があるかどうかは切実な問題です。部品が自分のところになくても、ほかのところから回してもらってすぐに作業に取り掛かれるようにしている業者も見受けられるので、確認するといいでしょう。

■まとめ
水道 修理をお願いする際には、業者の実力をしっかり確認しておきたいところです。豊富な実績を持っていて、地元密着で地域住民の信頼を得ているところがおすすめです。さらに、できるだけ近場に営業所のある所にお願いすれば、現場急行し迅速に対応してもらえます。また自分たちが求める修理をするための部品が在庫としてあるかどうかも重要なポイントです。水回りのトラブルが起きると慌てるでしょうが、そんな時こそ冷静になることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース